【2021年版】仮想通貨FXで稼ごう!

Goodニュース・サクッとプラスの副業内容と評判を調査 詐欺の口コミの声はある?

普段使いもできる仮想通貨

time 2021/10/07

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、投資に使えても、買い物には使いにくいという印象を持つ人も多いでしょう。
仮想通貨が大きな注目を浴びた時には、ビットコインで支払い可能な自動販売機が開発されたり、決済に対応する実店舗が増えたりするなどの動きがありました。ただ、その動きは大きく広がることはなく、2021年現在の日本でビットコイン決済ができる実店舗はそれほど多くありません。

海外に目を向ければ、ビットコインが使える自動販売機や実店舗が増え続ける国もあります。仮想通貨の普及に対し前向きな国に旅行に行く場合などは、手持ちの資産の一部をビットコインに換えておくことによって、両替の手間なく現地での買い物を楽しむことができるでしょう。

ただ、仮想通貨決済に対応する店が少ない日本では、持っていても使える場面が少ないと頭を悩ませる可能性があります。そんな悩みを手軽に解消したい場合は、仮想通貨からのチャージに対応した電子マネーと組み合わせて使うことがおすすめです。

電子マネーの中には、仮想通貨からのチャージが可能なサービスもあります。
チャージというワンステップを挟むことになりますが、電子マネーに換えることによってスーパーやドラッグストア、家電量販店など様々な場面でショッピングをすることができるようになります。

電子マネーにチャージをして使うのであれば、仮想通貨を所有するというステップを挟まない方が、手軽で経済的なのではないかと考える人もいるでしょう。
しかし、仮想通貨に換えるというステップを挟むことによって、資産運用による利益を得られるというメリットが生まれます。

現金というのは、そのまま持っていても額面以上の価値を生み出すことはないものです。定期預金などをしていても、手にできる利益はほんの僅かです。それに対し、仮想通貨は購入するタイミングによっては大きな利益を生み出す可能性があります。

安い時期に購入した仮想通貨が高騰した時に電子マネーに換えれば、高騰分お得に買い物をすることができます。
出た利益に対し税金を支払う必要はありますが、資産運用にも興味を持っているのであれば、仮想通貨の活用を考えておくと良いでしょう。

電子マネーにして使うというのは、活用法の一つであり、WEB上での決済や個人間送金、WEBサービスへの入金や投資など様々な使い方ができます。様々な活用法があることは、仮想通貨のメリットの一つとなっています。